代表者のご紹介

丸山 泰令(まるやま やすのり) メンタルカウンセラー。
有限会社 ラッカル人財研究所 代表取締役  慶應義塾大学文学部卒。
大学卒業後、三菱自動車で人事・労務業務を経験。
退社後は営業、販売、教育に関わる仕事を様々な職場、多様な雇用形態で経験する。
その間に、(社)日本産業カウンセラー協会の産業カウンセラー養成講座を受講し、産業カウンセラー資格を取得。
また、独学と併行して各種講座、研修プログラム等でキャリアカウンセリングやコーチングなどを学び、キャリアコンサルタント資格を取得する。
その後、実践的な養成講座を受けて、日本体育協会公認のスポーツプログラマー資格を取得。
平成16年4月に丸山事務所を開業し、12月には有限会社 ラッカル人財研究所を設立する。
心理的な分野に興味をもつようになったきっかけは、高校時代にイメージトレーニングの存在を知り、野球に使い始めたこと。
また、数えきれないほどの禁煙チャレンジ(失敗)体験や、 職場やチーム内での主に上下間の人間関係ストレス、方向性への迷いなどの経験も自分の内面に目を向ける大きなきっかけとなった。
その後、いろいろな職場や団体に所属するなかで、個人と組織の良好な関係や、モチベーションや能力開発といった分野に興味を抱くようになり、様々な立場から、組織内の人間関係や体制が、いかに人のやる気や力の発揮に影響しているのかを身をもって経験する。
また、ほんのちょっとしたきっかけにより、人は大きく変わり得ることを自身の体験や周りの様々な人たちを見ていくなかで実感し、変化のきっかけのひとつとなるお手伝いが出来ればと、カウンセリングを学び始める。
スポーツは幼少の頃より野球をやり、小学生の時、地元のボーイズリーグ(硬式)で全国大会に夏春2度出場。
中学校での部活動(野球部)を経て、埼玉の県立松山高校野球部で甲子園を目指すが、最後の夏は県予選3回戦で夢が散る。
この頃から競技力アップのためのイメージトレーニングなど、メンタル面でいろいろと試し始める。
高校卒業後、子供の頃からの憧れだった東京六大学野球の神宮の打席に一度でいいから立ってみたいと、一年浪人して一般受験で慶応大学に進学し、体育会野球部に所属。
入部したての頃は、浪人時代になまりになまった身体を抱えて練習についていけず、新入生ならではの仕事等にもきついものを感じて何度もやめそうになるが、よき仲間達のおかげで、なんとか続けることに成功。
下級生の頃より、気の合う練習パートナーと共に自主練習に励み、リーグ戦には3年春から出場。秋からは4番に。4年春の早慶戦では天覧試合も経験。(連勝で勝ち点)。
4年時には、3番 高木大成 選手(元西武)、5番 高橋由伸 選手(現巨人)に挟まれて4番を打つ。
後藤監督(元全日本野球監督)のたった一言をきっかけに、独自に工夫をするなかで、自分にとってこれ以上はないと思われるようなものを最後のシーズン途中につかんだ気がした。
前後に高校からの有名なバッターがいて、ほとんどノーマークだったおかげもあり、3年時に年0本だったホームランが、4年時には年間11本の六大学リーグ新記録(現存)となり、秋季には運と勢いだけで、戦後7人目の三冠王に。
その後、社会人野球(三菱自動車岡崎野球部)に進み、同期の谷選手(元オリックス)らとプレーし、4番を打ち日本選手権大会でベスト4に入ったり、チーム初の都市対抗出場を経験したりした。
野球をとおして学んだことは、その後の人生の様々な場面で役立っている。
現在、野球や様々な職場体験から気づき、学んだことをメンタルサービスに活かし、産業医や心療内科医、弁護士をはじめとする専門家やメンタルヘルス関連の企業と連携をはかり、人と組織の生き生きとした毎日のお手伝いをさせていただくべく、自分自身の実践を第一に活動を続けている。(自らを実験台に日々研究中。)
精神科医や産業医の先生方と連携するなどして治療的な内容のカウンセリング経験も豊富。
<資格>
社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 キャリアコンサルタント
財団法人 日本体育協会公認 スポーツプログラマー
<所属、その他>
社団法人 日本産業カウンセラー協会 正会員
合資会社 臨床アカデミー EAP室長
ウェルリンク株式会社 健康サポーター
財団法人や都内および県内の商工会議所等、公的機関の登録専門家、エキスパート
その他、提携・連携企業、専門家多数

天覧試合.bmp
天覧試合 早慶戦