ストレスチェック関連サービスのご案内

1.実績のある連携先をはじめとする厳選提携ストレスチェックの活用

① 企業や学校、公的機関で高いストレスチェック実績を誇る信頼のストレスチェック (WEB版、紙ベース)
<連携EAP会社のオリジナルストレスチェック>
(個人の状態把握から組織分析まで、セキュリティ面を含め、力を入れてしっかりと行いたいという組織向け。
個人も組織もより精度の高いストレスチェック結果をお求めの方におすすめです。)

② 運用面と費用面でバランスの取れたストレスチェック (WEB版、紙ベース)
<EAP会社の厚労省の職業性ストレス簡易調査票57問>
(セキュリティ面や詳細な組織分析結果など基本部分を抑えつつ、バランスよく実施したいという組織向け。)

③ チェック自体の費用面の負担が大きく抑えられるストレスチェック (WEB版、紙ベース)
<ストレスチェックシステム会社、マークシートデータ分析会社の厚労省の職業性ストレス簡易調査票57問>
(まずは費用面は出来るだけ抑えて始めたいという組織向け。)

※ 上記以外のお客様選択のストレスチェックを活用しての実施サポートも可能です。

2.ストレスチェック法制化に対応するために必要なすべてをご用意

① ストレスチェックの実施者(共同実施者)、ストレスチェック実務従事者として、チェック実施の管理、運営を担当(実施者としては精神保健福祉士が担当)

② 高ストレス者へのフォロー面談、状態確認(医師面接指導の必要性の有無の確認等)、医師へのつなぎ、職場環境調整、ご担当者との調整などを担当

③ 産業医の先生との連携、状況報告などを担当(状況、ご要望に応じて復職支援をはじめメンタルヘルスの実績が高い産業医の紹介、連携クリニックの紹介なども可能)

④ ストレスチェック後の面談希望者や全員に対する短時間での面談実施

⑤ 組織分析結果に基づいての職場環境調整コンサルティング、グループワーク支援等

3.ストレスチェック後の外部相談窓口の設置

 ストレスチェック後は安全配慮上の観点等からも医師面接指導以外の相談の機会を設けることが厚労省から も推奨されています。情報が開示されることが前提の医師面接指導に抵抗があったり、周りの目が気になるなどして内部での相談に躊躇したりすることも出てくると考えられます。
外部の利用しやすい場所にある相談ルームはストレスチェック後のフォローに役立ち、いざというときの相談対応にも便利です。
川越駅前をはじめ、埼玉、東京、横浜の駅近の利用しやすい場所に相談ルームが複数ご用意しています。
※チェック実施後の気軽に使える外部相談窓口の設置以外に、より効果的な通年の窓口設置も可能です。

4.ストレスチェック前後の研修

 セルフケア研修、ラインケア研修のほか、チェック結果を基にしたメンタルヘルス研修等

5.ストレスチェックを含むトータルサポート

  ストレスチェック、カウンセラー派遣、外部相談窓口の設置、研修、コンサルティング等、ご要望に応じた総合的なメンタルヘルスサポート(メンタルヘルス顧問契約)のご提供

ストレスチェック後のサービス特長

① アフターフォローの充実
  (せっかくやったストレスチェックを個人および組織の状況改善や元気につなげます)

② スポーツ心理学の活用
  (不調予防のみならずストレスをパワーに変えてタフな働きを生み出します)

③ 生活習慣改善サポート
 (私生活のリズムを整えることで職場でのさらなる活躍が期待できます)

の3点を特長としたサービスをご提供させていただきます。
  ストレスチェック法制化をきっかけに効果につながるメンタルヘルス体制づくりをすすめ、個人と組織の元気をより高めていきたいとお考えの組織の皆様のお手伝いをさせていただきます。