社長向けメンタルヘルスサービス

社長のお話し聴かせていただきます

 社長業は会社の中枢を担い、会社のみならず従業員、その家族・・・支えるべきものが多く、毎日プレッシャーの真っ只中にあると思います。
そんな中、日々高まりゆくストレスを感じながらも、息つくひまさえなく業務に没頭されている社長さんが大勢いらっしゃるように感じます。
「時間に追われる中、考えをまとめ、気持ちの整理をつける道具のひとつとして、誰かにただ話を聞いてもらうだけでいい。余計な忠告や助言は特別必要としていない・・・。」
こんなとき、身近にちょっとしたことを気軽に話しができる相談相手がいればいいのですが、状況や立場的に適当な話し相手が見つからないことも多いのではないでしょうか。
家族や友人では心配をかけたくなかったり、求めていないようなアドバイスを聞くこととなったり・・・。
知人や従業員、その他直接的な利害関係のある外部関係者などには話しづらい内容もあったりして色々と難しい面があると思います。
そんなときには、ぜひ中立的な立場にあり、話しを聴くプロであるカウンセラーをご活用ください。
カウンセラーには守秘義務があるため、お話しされた内容が外部に漏れることは一切ございません。
想いを自由にお話しされることによるストレスの軽減効果だけでなく、内面の整理がなされることによるスムーズな問題解決や思いがけないひらめきを得ることなど積極的な効果も大いに期待できます。
もちろん、ご要望に応じて、ストレス対処や人財育成をはじめとするメンタル面での様々なご提案もさせていただきます。
また、従業員の方からの面談や電話、メールによる相談も承れます。
利害関係が生じる内部での話し合いでは、なかなか本音を打ち明けることは困難です。
中立的な存在である外部の人間にだからこそ、気楽にお話しいただけることがありますし、客観的な視点からの提案などが受け入れてもらいやすいというメリットがあります。
社長様から直接お話しされにくいことも、間に入って社長様の意図を上手にお伝えさせていただくことが可能です。
外部の人間に話しをし、別の視点を取り入れることによって、社内の仲間うちでの不平不満やグチの広がりを抑え、快適で明るい職場環境の実現をはかることも期待出来ます。
組織ではたった一人の不調和から周囲の雰囲気が悪化し、全体のバランスが大きく崩れてしまうことがあります。
昨今叫ばれている「個人および組織全体の危機管理」という意味合いからも、社長様をはじめ、従業員の方一人ひとりが良好な心理状態で日々お仕事をされることは、社会的にも非常に重要なテーマのひとつとなってきています。
弊社のメンタルサービスは、社長様、従業員の方のメンタル面や人間関係面における使い勝手のいい小道具のような役割を担い、より良い職場環境創りと業績の向上に貢献いたします。

サービス内容

・社長のメンタル相談窓口 (月1回 ~ 不定期)
・社長のコーチングサービス窓口 (月1回~)
・社長および社員のメンタル相談窓口 (一人当たりの上限回数設定 ~ 無制限) 

このようなことでお困りではありませんか?

□ 激務でストレスがかなりたまっている。
□ 誰かに話しをして、考えや気持ちの整理をしたいが、適当な話し相手がいない。
□ いまある問題に対して、新たな視点を得て解決を図りたい。
□ 従業員の教育や指導について、悩みを抱えている。
□ 会社に有用な人財を育てていきたいが、そこまで手が回らない。
□ 職場の人間関係に問題があるようで、社内の雰囲気が悪い。
□ 従業員もいろいろな面でストレスがたまっているようだ。
→ そんな時は、ぜひ中立的な立場で関われる外部の相談サービス
(相談窓口の設置)をお考えになってみてはいかがでしょうか。

◇ 主な導入メリット

 ・社長様の人に関するストレスが減り、経営に専念できる (最重要)

 ・社内全体の不平・不満が減り、職場の雰囲気がよくなる

 ・職場の人間関係が良好になり、業務の効率化がはかれる

 ・人財の教育、指導が円滑になり、社員の能力の向上がはかれる

    (外部の人間だからこそ効果的に関われる領域について、間に入って調整もいたします)

 ・職場の問題を改善していくことで、社内全体の意欲が向上し、業績アップがのぞめる・・・